肉割れしないダイエット方法

ダイエットは、肉割れを作る最大の原因です。特に夏の季節は痩せたいなどの思いから、急激に体重を落とすことが多々あります。

しかし、その方法は、肉割れを作ってしまうことになるのです。ダイエットをするということは、リバウンドをしやすくなります。ダイエットとリバウンドを繰り返すことで、肉割れを起こしやすくなっているのです。皮膚が短期間で伸び縮みを起こすことによるものです。

肉割れを防ぐダイエット方法は、ズバリ時間をかけてゆっくりと体重を落とし、脂肪を筋肉に変えていくことです。毎日適度な運動をすることで、効果が発揮されます。肉割れを防ぐ生活習慣とは、1日3食しっかりとした食事を摂り、ウォーキングなどの適度な運動をすることがベストです。また、肉割れに効果的なものとしては、クリーム等を塗り、皮膚をしっかりと保湿することも忘れてはなりません。

毎日の生活の習慣とすることがベストです。ダイエットのためには、食事の量を減らすことが不可欠ですが、バランスのとれた食事を毎日しっかり摂ることで徐々に改善されていくと考えられます。夏だからといって短期間のダイエットは肉割れのためにも健康のためにもよくありません。長いスパンでやることが大切です。

肉割れを消すクリーム

妊娠線、肉割れができてしまう原因と予防法

私は四歳の子がいるママです。
実際に自分の出産までに調べて得た妊娠線の原因と予防法をご紹介させていただきます。

まずどうして妊娠線、肉割れになってしまうのかですよね。
実は七割の方が出来ると言われている位多いんです。ですがしっかりケアをする事で予防可能なんです。

妊娠してお腹がだんだん大きくなっていくとそれと同時に皮膚が伸びます。
そのスピードについていけず真皮が避けて断裂します。その断裂跡から毛細血管がすけて見えます。それが妊娠線、肉割れです。

大体妊娠五ヶ月から七ヶ月くらいから出来やすくなるそうです。

お腹に対しておへそを通り縦に一本正中線ができたり、ヒビ割れのタイプができたりと人それぞれです。お腹の他にも太ももやヒップや二の腕、バストに出来てしまう人もいます。
出来てしまった妊娠線、肉割れは時間の経過や努力次第では目立たなくなりますが残念ながら完全に元通りにはなりません。

ではどう予防したら良いのかですよね。

一、急激にではなくゆっくり体重を増やすことです。

二、適度な運動で脂肪がつきにくい体を作ることです。
体への負担が少ないウォーキングが一番良いと思います。

三、一番重要!保湿ケアをしっかりする事です。妊娠線専用のクリームやオイルを使用しましょう。その理由は保湿力が高く、伸びがよく塗りやすいからです。またきちんと妊娠初期から毎日続けることも大切です。
クリームよりもオイルのほうが油分が多く最適と言われていますが、クリームやローションでも効果はあるみたいですよ。

四、お風呂はシャワーで済まさず湯船につかって温まることです。
そうすることで血行が良くなりクリームなどの効果が期待できます。

五、もし妊娠線や肉割れが出来てしまってもやめずに続けることです。

六、腹帯やガードルを使用することです。そうすることでお腹を支え皮膚が伸びるのを抑えられるからです。

きちんとケアをして妊娠線や肉割れを予防しましょう。