肉割れに対する対策

太ももの肉割れは、女性にはよく見られるタイプの症状のものです。肉割れは、縞模様など様々で、皮膚の表面にヒビが入ったような形になります。

下半身の部分で良くできる言われるのがセルライトです。セルライトは、老廃物がコラーゲンとともに結合してできたもので、一度できてしまったらなかなか除去できないのが現状です。ここで考えられるのが、セルライトと肉割れは関係が深いのかということです。しかし、実際はセルライトと肉割れは異なるものです。

セルライトがあると肉割れの部分がピンク色に見えるのがセルライトの実際の姿です。肉割れによるひび割れは白っぽいものです。セルライトは、体内のトラブルにより形成されたものですが、肉割れは皮膚のトラブルによるものと解釈すると良いです。肉割れができてしまった時の対処法は、無理に患部をマッサージしないことです。

それをしてしまうとかえって逆効果になってしまうことを覚えておくと良いです。個人差がありますが、肉割れの部分をマッサージすることでかゆみが起きたり、乾燥肌になりやすい傾向に傾向にあります。肉割れを防ぐためにまず行うことは、しっかりとした保湿を行うことです。保湿を行うことで、肌が乾燥しにくくなり、肉割れができにくくなります。

肉割れ 消す

出来てしまった妊娠線を消すためのマッサージ

一度出来た妊娠線は、なかなか消えません。
ですが薄くする事は、出来ます。
その方法の1つは、マッサージを繰り返し行う事です。
マッサージをする事によって、皮膚を柔らかくする事が出来ます。
そうするの肌にハリも生まれて、妊娠が消えて来るんです。
マッサージをする時は、クリームやオイルを塗って外側に広げるようにするのがオススメです。
何故ならクリームを使ってマッサージをする事は、保湿効果を高められるからです。
どんなボディクリームを塗っても良いですが、アコアの「アフターボディ トリートメントクリーム」のような妊娠線専用の物は高い効果を期待出来ます。
それにアフターボディ トリートメントクリームは、妊娠線を消すのみならずセルライトを取る目的でも使えます。
クリームを使ったマッサージ以外だと、ダーマローラーという器具を使って線を消す方法も有ります。
ダーマローラーというのは、頭のローラー部分に無数の針が付いた物です。
針は髪より少し太く、このローラーをお腹の上で転がす事で肌の細胞を活性化させられます。
そのおかげで治癒力を上げる事が出来て、妊娠線を目立たなくしてくれるのです。
針なので強く当てると血が出る事も有りますが、深くは傷つかないので心配は無いようです。

 

私が実際やっていた妊娠線の予防法

私には、子供が2人います。
子供は9歳、6歳になりますが、実際私が行っていた妊娠線の予防方法を紹介します。
妊娠するとお腹が日に日に大きくなります。
特に中期から後期にかけては特にです。
私は妊娠前、痩せ型でした。
つわりは食べ悪阻だったのでお腹だけではなく全体的に丸くなりました。
私が妊娠線を気にし始めたのは、妊娠4ヶ月を超えたころです。
お腹も少し出てきたかな、と思った頃です。
もう少しで戌の日を迎えようとしていた頃、お腹の皮膚がピリッとすることが増えてきました。
マタニティー雑誌にも、妊娠線予防は保湿をしましょう。と書いてあったので、私はその頃好きだったボディーショップのボディークリームを使う事にしました。
ボディークリームを選んだ理由は、まず、値段が手頃だったことです。
雑誌に乗っているオーガニックのクリームももちろん良いのでしょうが、値段がそれなりに張ります。
それに、ボディークリームの香りがとても気に入ったことです。
クリームは、たっぷりとお腹に塗りましょう。
たっぷり塗ったお陰で、お腹に妊娠線は出来ませんでした。
お腹だけではなく、胸にも塗ると良いです。
胸も思ってたよりも大きくなります。
体質も関係してくるとは思いますが、とにかく保湿をしっかりすると予防になります。